navi skip

東京都女性用風俗(デリヘル)の風俗店TORICO TOKYOの関 伊織詳細ページです

東京 女性用風俗 女性用性感マッサージ  TORICO TOKYO|TORICO TOKYO ロゴ
TOPICS
  • 23区内交通費無料となりました!
  • 口コミ割引 Kaikanへ口コミを書いて頂いた方は次回の施術から2,000円割引!

PROFILE

関 伊織 年齢:37 身長:172cm 体重:52kg
新人

スリム

おしゃれ系

恋人プレイ

ノーマルプレイ

関 伊織
出身は?
京都
趣味は?
読書、美術観賞、アウトドア全般
好きな食べものは?
いろいろな国の料理
お酒は飲めますか?
強くはないですが、人並みに飲めます
休日の過ごし方は?
山に登ったり、楽器いじったり野菜育てたりしています
好きな女性のタイプは?
チャーミングな方、個性的な方が好きです
どんな時に幸せを感じる?
柴犬とすれちがう時
タバコは吸う?
吸いませんが、タバコの煙は大丈夫です
似ている芸能人は?
100通りくらい言われてきましたが、多い順にはケチャップ>マヨネーズ>砂糖>味噌という感じです
スイーツは好き?
洋菓子も和菓子も好きです
カラオケはできる?
聞くのも唄うのも好きです
ダブルセラピストは対応可能?
可能です
お泊り可能?
スケジュール次第ですが、ご相談ください
得意なプレイは?
恋人プレイ
Twitter or メールは?
@iori_seki_
お店からのコメント

知的で紳士なイケメンお兄さんの関伊織(せきいおり)さんが入店しました♪雰囲気からして知的な感じのお洒落で素敵なお兄さんです。とても礼儀正しく、話し方がエレガントな方ですよ。自分の気になったことはすべてやってみると言う好奇心旺盛な人で、多趣味です。主に映画・音楽・読書・スポーツ・美術鑑賞など幅広い知識をお持ちで、どんな人とも話す時でも話題に困ることはありません。関さんとであればいろんな話で盛り上がることができるので、カフェデートだけでも楽しめると思いますよ!聞き上手ですし、穏やかな人ですので、一緒にいるだけでも癒やされますよ♪しっかり大人なリードができるセラピストですので、性感でも紳士なイケメンお兄さんと、甘いひと時をお過ごし頂けますよ!大人な人にリードしてもらい、会話も楽しんでデートをしたい。知的な人と本や映画、美術のことで盛り上がりたい。大人な人と落ち着いた時間を過ごしたい。そんな方に関さんはおすすめですよ♪日記にも関さんの趣味などについて細かく書いていく予定ですので、ぜひチェックの方お願いします!

お客様へメッセージ

はじめまして、伊織と申します。
このお仕事に限らず生来“尽くす”性分です。

第一印象では草食系・文化系と言われがちですが(実際“オフ”では本ばかり読んでますが)
“オン”ではきっちり(?)肉食系です笑
「ホスト系とかオラオラ系が来るのでは…?」という不安をお持ちの方はぜひご用命ください!

また、昔から男女問わず人生相談や恋愛相談を受けやすく
老若男女&外国人問わず街でよく道を聞かがちなタイプです。

趣味はアウトドアとインドアどちらもハイブリッドに色々やってます。
美術館や喫茶店巡り、下町散歩、スポーツ観戦など出かけるのも大好きです。
いろいろなことして楽しみましょう〜

写メ日記
赤い電車
10/20 18:47 更新
  • 関 伊織の投稿画像
  • こんにちは。
    今日のような穏やかなお天気の日中は
    京急の各駅停車でひたすらゴトゴト
    三浦半島の終点まで行きたくなりますよね。

    曼陀羅図よりも難解かと思うほどの、乗り入れが過ぎる京急の路線図を見るたび
    「ここ(北総)からここ(三浦)まで各停で行ったらどんだけかかるんだ?」という絶望もとい絶頂(脳イキ)ののち
    金沢文庫あたりでうたた寝してしまった自分を想像し、なお身悶えます。

    それと同時に
    「一体どこまで連れて行かれるんだろう」という
    連れ去ってほしい願望のような衝動も発動します。

    「平日の」「昼間に」「いつもと逆方面の電車に乗る」という甘美なる背徳感も手伝うのでしょうが
    秋というほどよい気候は、散歩欲やエスケープ欲を増進させます。
    こんな日は「あ、今日は学校行ってる場合じゃないな」と、
    通学の途中で乗ったことのない路線の電車やバスにやおら乗り換え
    あてもなく身を預けた学生時代を思い出します。

    私の「お散歩道(どう)」についてもしたためていきたいのですが
    自制して、今日はこんなところで。

    追:東武の全線路線図も大概だと思います笑
ちぐさ
10/19 22:32 更新
  • 関 伊織の投稿画像
  • こんばんは。
    昨日の晴れ間は本当にひとときの恵みで
    また曇天に戻ってしまいましたね。

    さて、先日観た映画「ベイシー」の余韻冷めやらぬ私は
    今日横浜で打ち合せがあったのをいいことに
    その足でジャズ喫茶「ちぐさ」に赴きました。

    現存するジャズ喫茶で国内最古の「ちぐさ」は、第二次世界大戦前の1933年(昭和8年)に創業。
    近年“昭和飲み”で人気の野毛エリアの一角に位置します。

    オーナー吉田衛氏の逝去(1994年)後、地元の有志たちで店が守られてきましたが
    再開発の影響で立ち退きとなり、惜しまれがならも2007年に閉店。
    しかし「ちぐさ」を愛する多くの人たちの手によって、2012年再びオープンしました。

    ゆえに、往時の佇まいとは異なるものの、店内を支配する厳たる空気は昔日のまま。
    ただ、同店自慢の4WAYマルチアンプシステム方式による特製スピーカーが
    コロナ対策のための窓の換気により、ボリューム減で鳴っていたのは残念だけど致し方なし。

    そして手渡されるリクエストブックには、モダンジャズを中心としたアルバム名が辞書のごとく列記。
    そのブックを開いてしまったからには“バトル”の狼煙が上がる(勝手にそう感じてるだけですが)。

    「(あいつ、何リクエストすんだ?)」「(まさかモグリじゃないだろうな)」そんなヒリヒリした視線を感じる(勝手に)
    それはそれでひとつの“ゲーム”として楽しんではおりますが、
    「教養を備え知識を積んで はじめて愉しんでよし」という暗黙の不文律が
    ジャズやクラシックを閉鎖的にしてしまっている一因だとも思います。

    もちろんそういうアカデミックな聴き方もひとつの文化だとは理解しつつ、
    官能的な感覚だけで聴くのもある種の“礼儀”だと私は思っています。

    語弊恐れずに言ってしまうと、知識が増えれば増えるほど感覚的な聴き方を“抹殺”してしまう人が多い。
    だから、自分の教養を誇ったり、そういうことがアイデンティティーにすらなってしまっているジャズやクラシックを
    「マトモな音楽」に戻してあげたい、とたった一人でも旗を揚げ続けたいと思っています。

    そして今日はこの日記を
    日本が誇る“ハンサムトランペッター” 近藤等則さんに
    勝手ながら捧げたいと思います。
    合掌
海の呼吸
10/18 21:17 更新
  • 関 伊織の投稿画像
  • こんばんは。伊織です。
    今日は趣味の1つであるカヤックに全集中していました。
    ここのところ週末は雨続きでずっと行けずじまいだったので
    雨が上がるやいなやそそくさと準備しました。

    登山は本格的に始めて15年くらいの歴ですが、カヤックに関しては20年くらい歴があります。いや、ちょっと盛りました。19年くらいです。

    川でのカヤックやカヌーをすることもありますが、心を洗いに行きたいなーという気分の時はシーカヤックをします。
    マイカヤックは、とある相模湾のとある係留地に常置しており、
    日の出とともに車で家をあとにし、だいたいサンセットを見るまで海の上に浮かんでいます。

    基本的に歩きさえすればどこでも入って行ける山とは違い
    水辺は、入り組んだ場所やそれこそ海の沖合にはそれ相応の“道具”がないことには行けません(まあ泳げば行けますが個人差ありますしね)
    人間だけの力では辿り着き難い景色を見れるロマンや達成感がカヤックやカヌーでは得ることができ、そして何より
    海のど真ん中にポツンと1人、海の呼吸を感じながらぷかぷか浮いているだけで
    まさに無我の境地、日々のあれこれが浄化されていきます。

    なんだか書き口がスピリチュアルめいてきたので、今日はこのへんでやめておこうと思いますが
    山籠りした日の日記でも触れたように、大自然の中に身1つ投げ込むと、底知れぬ自然の怖さも感じますが
    自然に翻弄されることで、自分の存在や出来事がいかにちっぽけであるかを教えてくれます。

    ということで久々に自然から英気をいただきました。
    今週もきばっていきましょーー

    {今週の出勤スケジュールアップいたしました。ご用命お待ちしております}

スケジュール

10/20 (火) 10/21 (水) 10/22 (木) 10/23 (金) 10/24 (土) 10/25 (日) 10/26 (月)
休み 19:00~24:00 休み 19:00~24:00 休み 休み 休み
口コミ

初めてお会いしました。日記を拝見して、まず色々お話をしてみたかったので、お試しデートと性感コースを組み合わせてお願いしました。実際にお会いすると、プロフィール写真から伺える甘くて童顔の印象そのままで、清潔感のあるファッションも期待通り、素敵な方でした。お話をすると、どんな話題で投げても関さんのユニークなセンスで気の利いた打ち返しがあり、あっという間に楽しいお茶タイムが過ぎて行きました。確かに草食系でおっとり、少し控えめな印象もあって、プロフィールに書かれている「肉食系」の側面が想像できないままホテルに向かいました。でも結論から言えば、ちゃんと肉食系の面を持ち合わせ、知性とユーモアとeroticを兼ね備えた大人の男性でした。はじめは指圧でほぐしてもらい、リラックスしました。そこからは本当に丁寧に、まるで恋人にするみたいに優しく愛撫してくださって、何度も色んな絶頂感を味わい、カラダの底から満たされました。「生来尽くす性分」と言われている通り、私のして欲しいことやしたいことなど、こちらの要望をにこやかに、包み込むように受け止めてもらえました。初対面でこんなにすごいのは、やはりプロの技術と経験値なのかなと思わされました。あんなにあれこれしてもらったのに、関さんの引き出しにはまだまだ色々あるようで、それは今後引き続きお会いしながら、少しずつ拝見したいです。

2020.10.6 40代前半 匿名さん

基本プレイ
  • カウンセリング

  • 指圧マッサージ

  • パウダー

  • 乳首舐め

  • クンニ

  • 指入れ

  • キス

  • ハグ

  • 添い寝・腕枕

  • フェラ・手コキ

  • ローター

  • 体外ポルチオ

同系統のセラピスト